2011年11月15日

IFRS対応とグローバル経営管理の両立 税理士

IFRS対応とグローバル経営管理の両立を支援、インフォアとディーバが協業
nikkei BPnet

日本インフォア・グローバル・ソリューションズとディーバは2011年8月18日、グローバル展開する企業向けのシステム構築支援で協業した。IFRS(国際会計基準)対応や海外子会社の会計システムの統一を目指す企業に対して、日本インフォアが販売する「Infor ERP SyteLine」などのERP(統合基幹業務システム)パッケージとディーバが開発・販売する連結会計ソフト「DivaSystem」を共同で提案する。


会計事務所
税理士
税理士の変更
会社設立税理士1日
posted by 東京の税理士 at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ERP導入で連結決算を早期化するには 税理士

ERP導入で連結決算を早期化するには
TechTargetジャパン

その連結パッケージで収集した情報を連結会計ソフトに入力して、2から5の作業を行う。その意味では、連結決
算の手続きの多くの部分はシステム化されており、ERPを導入することで連結決算を早期化したい――そう期待する経理部門は多い。IT部門がその期待に応えるには親会社と子会社の勘定科目やマスターの統一がポイントになる。

会計事務所
税理士
税理士の変更
会社設立税理士1日
posted by 東京の税理士 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFRS対応ソフト 税理士選び

NTTデータがIFRS対応支援ソフトを発売、グループ会社の会計データを統合
ITpro
NTTデータと連結会計ソフトを開発・販売するディーバはIFRS(国際会計基準)対応を支援するためのソフトウエア「IFRS対応G元帳」を共同で開発すると発表した。
 IFRS対応G元帳は、グループ企業のデータ収集や総勘定元帳の作成を支援するディーバ製のソフト「DivaSystem GEXSUS」を基に、NTTデータがIFRS対応のための注記の作成機能や、グループ間取引の照合機能などを加えた。IFRS対応に向け注記に必要なデータや仕訳を事前に定義しておくことで、連結財務諸表を作成しやすくした。加えて、グループ間の取引や債権債務に関する照合機能を搭載し、連結決算プロセスの効率化を目指した。

会計事務所
税理士
会計事務所の取扱い説明書
税理士の変更
会社設立税理士1日
posted by 東京の税理士 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。